投資・FX

自然な形の出会いの創造とは何か?

自然な形の出会いの創造とは何か?

(公開: 2014年8月27日 (水)

出会いを求めている一方で、それを日常行動に落とし込めていない点が挙げられます。 人によっては、大したこと無いような事にも、軽快に行動することが出来ません。 それは、これまでの人生経験・社会生活を送ってゆく中で培われたものではないでしょうか? 私自身は自然な形で出会いがあって、それが結婚に繋がるものだと信じています。 一方で、結婚を諦めたような言動・生活パターンに陥っているのではないでしょうか? 客観的にいえばそういう事になります。 結婚の先に何を求めるか?それ以前の問題が存在するのだと考えられます。 http://www.smtgfw.net/

ITな家計簿

ITな家計簿

(公開: 2014年8月24日 (日)

ノートに書いている家計簿もありますが、インターネット上でも家計簿をつけられるのを知り、使っています。去年の10月分からつけています。 編集なども楽なのが便利です。書き直したり修正ペンが必用ないので。計算なども自分でやらなくても、収入と支出を入れていくと計算された数字がちゃんとでてくるのがとにかく便利です。何月何日に何を買ったというような細かい事は記入しません。食費は今月は全部でこの金額、生活必需品はこの額だったという数字だけを入れています。 ノートの家計簿には細かく買ったものは書いているので、そちらで確認できるようにしています。ネットの家計簿ででた計算された金額をノートには下記写していたり、二つを併用しています。 良い点は、手軽ということです。どこでもネットにつなげば確認したり、編集しなおしたり、後になって書き忘れや間違いに気がついた時の修正の楽さも便利です。 探しやすい、見やすいというのも良いです。タッチするだけで、年、月、ぱっと出てくるので。ペンがいらないというのも良い点だと思います。。悪い点というならば、電磁波です。あとは、もし電気が使えなくなったら繋がらないということです。 やはり、つけていることで安心が得られるというのも大きいですが、自分のお金の使い方が分かり、分析できます。食費だけにしても毎月いくらかかっていることは知っておきたいです。いくらまで使えるお金があるかもわかるので。それに対してのこれからだったり、毎月のマイナスやプラスが分かるのは、将来的にみても絶対に良いと思います。 http://akologi.net/konbini-baito3.html

脱毛サロンでの無駄毛処理

脱毛サロンでの無駄毛処理

(公開: 2014年8月24日 (日)

エステサロンや、脱毛サロンで行われる無駄毛処理のほとんどは、光脱毛と呼ばれる方法をとっています。この光脱毛は、フラッシュ脱毛と呼ばれることもあり、その名の通り光を利用して施術を行うものです。毛に含まれているメラニン色素に反応する光を使用し、毛の根にある細胞にダメージを与えて、毛の成長を阻害してくれるのです。一度に広範囲の施術が可能なので、施術時間が短くて済みますし、痛みもほとんどありません。ただし、施術してすぐに毛が無くなるわけではなく、また2か月おきに5~6回通う必要があるので、即効性はありません。しかし、肌へのダメージが少なく、仕上がりもとても綺麗になるので、自己処理をするよりずっとオススメです。今は、どんどん値段も下がっ ており、挑戦しやすくなっているので、気になるサロンがあればお試しで一度通ってみるといいでしょう。 広島全身脱毛ランキング.xyz

1ドル100円でドルを買う

1ドル100円でドルを買う

(公開: 2014年8月11日 (月)

どこにでもある初めての方向けのFXの雑誌では、「損が生まれた状況ではナンピンして、ポジションの買い付け価格をコントロールする」等記述されていますが実際にはそれは目に見えない落とし穴が待ち受けています。

 

まず最初に、ナンピン買いの理屈に関して易しく説明しておこう。

 

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。

 

$買いということで円安ドル高になるほど黒字が出ますが反対に1ドル=95円まで円高ドル安が進んでしまった。

 

そのままの状況で維持し続けたとしたら、マイナスをなくすためには円高になった分、ドル高に進む必要があります。

 

損失はなるべく早く回復したいと願うだろう。

 

このため最初にエントリーしたのと同額分の$を、1ドル=95円で買います。

 

それによって、ポジション全体の平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

 

すなわち、2円50銭の幅で円安が進行すれば、赤字を取り戻す事が出来ます。

 

こういったことがナンピン買いの手法です。

 

このように、ナンピンの原理を知ると「確かに」と考えたりするが相場は容易には問屋を卸しません。

 

最初から、1ドル95円が底だということなど、なんびとも想像できません。

 

仮定として、相場が円高ドル安の流れだとすると95円ではとまらず、さらに一層ドル安にいく可能性は高くなります。

 

1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高ドル安が速んだらナンピンした分についても、赤字が生まれることになってしまいます。

 

そういう状況では初めに売買したドルと合わさって更なる差損が生まれる事になります。

 

それほど、ナンピンは一筋縄でいきません。

 

であるなら、相場が自分のストーリー展開とは別の方向にすぐに向う場合、どの手段でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

 

こういう状態で選択できる道は多くはありません。

 

まずはじめは執着しないでポジションを閉じる事です。

 

もうひとつの選択肢としては、現在、自分が保有している買いポジションを縮小することによって為替がリカバリするのを動かないで待つ事です。

 

ちょっと控えめな術だと思う人もいるkもしれません。

 

しかしながら、持っている買いポジションに差損が生じた時、最も正しい手段はこれ以上のものはあるはずがありません。

 

確かに、ロジックのうえでは、ナンピンするという術もあるように思える。

 

しかしナンピン買いは、損失を披っている場面にもかかわらず買いポジションを無くすどころか、買いポジションを増やしていく手法です。

 

この手段では、危険性を管理することなど無理だと思ったほうかいいだろう。

 

ナンピンを続ける事ができればいつの日にか損を取り返せるかもしれません。

 

だが、そうなる先に投資資金がマイナスになってしまいます。

気になる気になるブログ


下調べが重要

下調べが重要

(公開: 2014年8月 8日 (金)

いよいよ売買する時という状況では、まずは下調べを怠ってはならない。

 

トレードを始める前であれば物事を落ち着いて見ることが出来ます。

 

しかし、一度市場の内側に立ち入ってしまうとどう試みても受け取り方が主観的になってしまい、時として正しい見方が出来なくなる。

 

可能性があります。

 

だからあなたの頭が落ち着いているうちに、適切に準備をしておくことが必要です。

 

"事前準備"とは、何はともあれ自分だけの物語を記す事から始めます。

 

明日からのFX投資環境はこうだから、円を勝負するみたいに自分なりの脚本を書いていきます。

 

次に大事なのは時間足チャートを確認しましょう。

 

レートの上下を見つめて今のチャートをチェックします。

 

そうしたら、「今日は割りに安い段階にある」とか、それとも「もうすでに多数の方がエントリーしているからこれから先自分か買い(または売り)しても今となっては手遅れだな」ということが納得できます。

 

無論しかけるのが遅すぎるなと思ったならば、この場面では割り切ることが必要です。

 

どうしてもあなたなりの脚本を押し通そうとして無理に新しく注文すると市場に跳ね返されてしまい、むしろ損失を被ることになるリスクがあります。

 

とは言うもののかなりの場合緻密な自らの台本を考えていくと、買い(または売り)が手遅れという具合にはならないと考えます。

 

たぶん、本格的に外国為替市場が変化する前の状況のはずだからです。

 

その次に当面は自分がとろうと思っている通貨ペアの上下の動きを、きちんと確かめる事が大切です。

 

仮にドル高に向うだろうという脚本を考えたのであればドル円の変動に気をつけておきます。

 

マーケットの変化を気をつけ始めたときでは、まだまだ該当の外貨ははっきりと変動する兆候を見せることなく、上や下にわずかな変化を繰り返しているだけでしょう。

 

ところが、その動きをきちんと調べているとある状況で着実に、円安へと動き始めてくる。

 

そこで初めて、ドル円の注文をします。

 

通常、計画的に計画を進めておけば、その売り買いで勝てる割合は相当大きくなります。