下調べが重要

いよいよ売買する時という状況では、まずは下調べを怠ってはならない。

 

トレードを始める前であれば物事を落ち着いて見ることが出来ます。

 

しかし、一度市場の内側に立ち入ってしまうとどう試みても受け取り方が主観的になってしまい、時として正しい見方が出来なくなる。

 

可能性があります。

 

だからあなたの頭が落ち着いているうちに、適切に準備をしておくことが必要です。

 

"事前準備"とは、何はともあれ自分だけの物語を記す事から始めます。

 

明日からのFX投資環境はこうだから、円を勝負するみたいに自分なりの脚本を書いていきます。

 

次に大事なのは時間足チャートを確認しましょう。

 

レートの上下を見つめて今のチャートをチェックします。

 

そうしたら、「今日は割りに安い段階にある」とか、それとも「もうすでに多数の方がエントリーしているからこれから先自分か買い(または売り)しても今となっては手遅れだな」ということが納得できます。

 

無論しかけるのが遅すぎるなと思ったならば、この場面では割り切ることが必要です。

 

どうしてもあなたなりの脚本を押し通そうとして無理に新しく注文すると市場に跳ね返されてしまい、むしろ損失を被ることになるリスクがあります。

 

とは言うもののかなりの場合緻密な自らの台本を考えていくと、買い(または売り)が手遅れという具合にはならないと考えます。

 

たぶん、本格的に外国為替市場が変化する前の状況のはずだからです。

 

その次に当面は自分がとろうと思っている通貨ペアの上下の動きを、きちんと確かめる事が大切です。

 

仮にドル高に向うだろうという脚本を考えたのであればドル円の変動に気をつけておきます。

 

マーケットの変化を気をつけ始めたときでは、まだまだ該当の外貨ははっきりと変動する兆候を見せることなく、上や下にわずかな変化を繰り返しているだけでしょう。

 

ところが、その動きをきちんと調べているとある状況で着実に、円安へと動き始めてくる。

 

そこで初めて、ドル円の注文をします。

 

通常、計画的に計画を進めておけば、その売り買いで勝てる割合は相当大きくなります。