すべてにおいていい!


任意整理というのは普通は債務の整理と呼ばれておりそれぞれ債権者に借金の支払いを続けていくことを選ぶ債務整理の手だてとなります。

 

一般的な手続きですが司法書士有資格者それから弁護士の有資格者債権を持つものと債務者との仲介役として示談し利息制限法に照らしながら利息の適用し直しを行い再度計算した借りているお金の元金にかかる利息を減らす形で3年前後の時間で返済していく債務整理の方策です。

 

任意による整理は警察のような機関が管理することがないのでこれとは異なる計画と比較した場合、手続きした場合における不利な点が一番少なく、方策も負担になることがないので、メインとして比較する必要がある方法でもあります。

 

それに、債権を持つものが消費者金融のようなとても高額な借入利息ならば利息制限法で決まっている金利を超えて支払った利息分に関してはその元金に充当できると考えもととなる元金それ自体をカットすることもできます。

 

ということから、消費者金融のようなとても高い年利のところに長い間返し続けているケースではある程度の支払額を減らせる場合もあり、十数年返済しているケースだと負債自体がなくなってしまうようなこともあります。

すべてにおいていい

債務の整理の利点を挙げると自己破産とは異なって一部のお金だけを整理することができるため、連帯保証人が関与している借入を別として処理したい場合や住宅ローンの分以外だけを検討する場合等も活用することも可能ですし財産を処分する必要がないので、クルマやマンションなどの自分名義の資産を持っていて、手放したくない場合などでも活用可能な債務整理の方法になるでしょう。

 

ただし、手順を踏んでからの返済に必要な額と実際としての所得額を比較検討しおおむね返済の計画が立つのであれば任意による整理の処理を進めることが可能ですが自己破産とは違って借金そのものがなくなるわけではありませんので借入金の額が多いような場合は、実際問題として任意による整理の選択をするのは困難だということになるでしょう。